お水の世界は怖いイメージ!しかし実際働いてみたら・・・

中野のキャバクラに勤務しています。友達に誘われこのお水の世界に入りました。体入に行くだけで1万円以上はもらえると言われたのもきっかけです。お水の世界はめちゃくちゃ抵抗があって怖いイメージをもっていました。しかし実際働いてみたら自分が思った以上に怖いお店じゃなくて、逆に働きやすかったんです。こんな楽しくて働きやすいならと思いその日から入店しました。

はじめ慣れるまでは金曜日だけの週1日だけでしたが、慣れてきたと同時に売上げも伸びてきたので週6日のレギュラー勤務になっていきました。今では仲が良い友達もできたし、ボーイさんや店長さんがまるで家族のようにお店全体が仲良しです。

お客さんも常連さんが多いんですけど、最近では学生の方も来店するようになってカラオケで一緒にワイワイしたりとまるで合コンみたいに自分も楽しんで接客している毎日です。

あとキャバクラの仕事をしていて、お客さんとの会話の話題作りのために、情報収集はかかせないと思いますね。会話が続かないと楽しませてあげれないですし。その情報収集のお陰で場内指名から本指名になったお客さんが増えました。

夜の仕事って華があってお金をたくさん稼げますが、本当は努力したりお金をかけたりしながら働いていくものなんだなぁって感じてます。

現在28歳で中野のキャバクラで年齢的に遅いキャバクラデビュー。

現在28歳で中野のキャバクラで年齢的に遅いキャバクラデビューしました。何か高収入の副業をしたくて探してて、学生の頃に宴会コンパニオンを少ししていたこともあったので、キャバクラで働こうと決心するきっかけになりました。

お店の女の子の中では年齢が上の方なので、若さには負けるかなって思っていましたが、そんなことはなく20代前半の子達と打ち解けて仲良くさせてもらっています。団体のお客さんが来店した時も女の子のドリンク交渉など協力するほど団結しているくらいです。

接客の方は、宴会コンパニオンの経験のお陰でお酒を作ったり基本的な事は直ぐに覚えましたが、会話が苦手でお客さんと共通の話題を見つけるのに苦労しています(笑)。なので、よく上位の女の子の接客をみたりして研究してます。

今のところ週1~2日の出勤ですが、月に15万円以上はもらっていて生活費の足しにとても助かっています。

もう30歳近い女がキャバクラで働くなんて無理なんじゃないか…って最初の方は少し思って働いてましたが、30歳くらいが好みのお客さんもいたりするので、自信がついて指名もそこそこもらえるようになりました。

これから先、いつまで働けるか分からないんですけど、稼げる時に稼いで長く引きずらずサクっと卒業したいですね。

中野駅周辺のキャバクラで働く大学生です。

現在新宿のとなり中野駅周辺のキャバクラに勤務しています。私が何故キャバクラという仕事を選んだかというと、東京の大学に通うのに田舎から一人暮らしをしなければならず、生活費の足しにもしたかったので中野のキャバクラに面接に行きました。

正直、田舎から出てきた私には、夜の仕事の探し方が分からなくて、大学で仲良くなった友達が夜の仕事をしていたので、そこの系列店のキャバクラに体験入店しました。

ドレスやライターはお店のを借りました。

まず、お店のボーイさんからお酒の作り方やライターの付け方、おしぼりの渡し方など教えて頂きましたが、手慣れないためそこのお店のナンバーワンの方と一緒の席につくことになりました。そのナンバーワンの女の子は、本当に気がきくし、話も面白いし流石ナンバーワンって感じです。

若さ故にキャバクラで体験入店してみましたが、ナンバーワンの女の子を見ていると、気遣いや容姿、話し方、話す内容、一通り出来てないと難しい仕事かもしれないと感じました。

入店はもう少し他の系列店にでも体験入店してから決めよう思います。ただ、稼げる仕事ですよ。私の体験入店したお店の時給は4500円~でした。

でも入店となれば、ドレスや小物とか用意しないといけないので悩みますけど…。