現在27歳ですが20代前半の頃、国分寺のキャバクラで働いていました。

現在27歳ですが20代前半の頃、国分寺のキャバクラで働いていました。
昼間は会社員として働いていたので、副業としてバイトしていました。キャバクラで働こうとしたきっかけは、語学留学に行きたく、費用を貯めたかったからです。
昼間の仕事だけだと目標にしている金額を貯めるのに時間がかかりそうだったので、夜のバイトをしようと考えました。時給が高いのが魅力でしたね。
お店選びは、ナイトワーク雑紙から探し1日体験入店を数店舗した後に一番雰囲気が自分に合っていそうな所に決めました。
出勤日数は週3日で、昼間の仕事の休み前日に出勤していました。勤務時間は21時から5時までで、お客さんが少ない時は2時頃に上がらされていました。
勤務時間は日によってバラバラでしたが、指名バック、同伴バック、ドリンクバックなど入れて少なくても月20万円ほど頂いていました。
キャバクラの仕事で印象に残っているのは、とにかく色んなお客さんがいるので会話が盛り上がれない時が一番辛かったです。若いお客さんはすぐ店外デートをしたがる人が多く、お店にお金を使いたがらない印象でした。
私を指名してくれる人は不動産や会社の役員が多かったのですが、やはりお金に余裕がある印象と、ストレスが溜まっている人が多いと思いました。
同伴すると自分では行けないようなお洒落なお店に連れてってくれたりとても楽しかったです。
働く上で気をつけていたことは、聞き役に徹していました。
話を聞いてほしくてお店に飲みに来ているという方が多かったので、丁寧にリアクションをすることを意識していましたね。
同伴、アフターは何回かお店で指名してくれるお客さんで職業、人柄で信用できるまでは行きませんでした。中には枕営業している女の子もいましたが、やはりそれでは一つのお店には長くは居られないようでした。
目標の金額に達したため1年ほどでお店を辞めましたが、たくさん社会勉強させてもらい、いい経験だったと思います。

新宿・西新宿のキャバクラでバイト、ノルマがない初心者でも働きやすいお店!

新宿、西新宿のキャバクラでバイトしています。時給が低くても良いから罰金が少なかったり、ノルマがない初心者でも働きやすいお店が良かったので、今のお店に決めました。

だいたい週4日くらいオープンから終電までの条件をお店側は受け止めてくれて体験入店しました。水商売は“ただお酒を飲んでお客さんと会話するだけ”と簡単に考えてました。

体験入店の時はドレスをお店から貸し出してもらい、ライターも貸してもらえました。お酒の作り方や灰皿交換の仕方など一通り教えてもらいお仕事を開始。

「今日体験入店なんです」と言えばお客さんから会話をしてくれる事も多く、人見知りな私でも話せました。体験入店後に本入するのか決めるんですけど、私はお金が必要だったので即日本入しました。

本入して3ヵ月、指名や同伴は少ないのですがお給料はOLの2ヵ月分くらいはあります。新宿のキャバクラは都内でも一番女の子同士がギスギスした世界だと思っていましたが、優しい先輩がとても多いことに驚いています。今でもいろんな面で出勤する度に先輩達に助けられていますが、今度は自分がキャバクラ未経験で本入してきた子を助けてあげられるようなキャストになりたいなぁと思っています。

お水の世界は怖いイメージ!しかし実際働いてみたら・・・

中野のキャバクラに勤務しています。友達に誘われこのお水の世界に入りました。体入に行くだけで1万円以上はもらえると言われたのもきっかけです。お水の世界はめちゃくちゃ抵抗があって怖いイメージをもっていました。しかし実際働いてみたら自分が思った以上に怖いお店じゃなくて、逆に働きやすかったんです。こんな楽しくて働きやすいならと思いその日から入店しました。

はじめ慣れるまでは金曜日だけの週1日だけでしたが、慣れてきたと同時に売上げも伸びてきたので週6日のレギュラー勤務になっていきました。今では仲が良い友達もできたし、ボーイさんや店長さんがまるで家族のようにお店全体が仲良しです。

お客さんも常連さんが多いんですけど、最近では学生の方も来店するようになってカラオケで一緒にワイワイしたりとまるで合コンみたいに自分も楽しんで接客している毎日です。

あとキャバクラの仕事をしていて、お客さんとの会話の話題作りのために、情報収集はかかせないと思いますね。会話が続かないと楽しませてあげれないですし。その情報収集のお陰で場内指名から本指名になったお客さんが増えました。

夜の仕事って華があってお金をたくさん稼げますが、本当は努力したりお金をかけたりしながら働いていくものなんだなぁって感じてます。

高円寺のキャバクラに週末2日、金曜日と土曜日だけ出勤しています。

私は高円寺のキャバクラに週末2日、金曜日と土曜日だけ出勤しています。平日は昼間の仕事をしています。

ドレスとか特にこだわりがある訳でもないので、お店から貸してもらってます。

キャバクラで働くのは貯金するためにはじめました。なので仕事と割り切って、お金を使わないお客さんとは関わらないと決めています。

同伴やアフターも必ず出勤の日は2日間しています。お店以外でお客さんと会うのは、何かが起きても助けてもらえないので、自分なりのお客さんは見極めてご飯に行っています。トラブルに巻き込まれないために、常に自己防衛は大切だと思っています。

週2日だけの出勤なので他のキャバ嬢と揉めたり、ごたごたを起こすようなことは今はありませんが、ヘルプの接客の時はお客さんとの距離感に気をつけてます。以前、ヘルプで着いたお客さんに自分に指名替えをしたいと言われてトラブルになったことがあったので、そこからは気をつけるようにしています。

まだキャバクラで働いて半年しか経ってませんが、色んな世代の方を接客することでいい勉強になっています。

歌舞伎町のキャバクラで内装が綺麗で女の子が優しい子が多いお店を選びました!

数ヶ月前まで歌舞伎町のキャバクラに勤めていました。地方に住んでいたんですが、時給が安くてあまり稼げないので東京に上京することにしたんです。上京して新宿区に住むことになり、歌舞伎町のキャバクラを中心に体験入店してお店を探し、内装が綺麗で女の子が優しい子が多いお店に決めました。

出勤日数は週4日、出勤時間は20時~25時の時給が5000円からのスタートでした。初めの頃はドレスやアクセサリーを買ったりと出費も多く、仕事に慣れるまで大変でした。そのうち自分にもお客さんができて嬉しくキャバクラの仕事にやりがいを感じるようになりました。ただお客さんには色々な人がいて、仕事を辞めたくなったりしたこともありました。席で話が楽しくないとか、ひどい事を言われたり、好きになったから付き合ってほしいと言ってくる人もいました。女の子の中にはお客さんからストーカー行為をされたこともあった様ですが…。

キャバクラで楽に稼げると思っていたけど、出費やお客さんへの対応に大変なこともたくさんありました。でもとても良いお客さんも多くて、どちらかと言うと楽しく働けました。

今は就職した為辞めてしまいましたが、時々思い出してはまた歌舞伎町で働きたいなって思うこともあります♪

バースデーイベントで新宿キャバクラ嬢を卒業しました。

新宿のキャバクラで2年半程勤めてましたが、この前バースデーイベントで卒業しました。

キャバクラで働こうと思ったきっかけは、他の仕事より自由なところと時給が高いところに惹かれ働き始めました。お店選びはネットで検索して体験入店を数軒してから一番自分に合ったお店を選びました。送りやヘアメイクが無料、週1の出勤でもOK、完全日払い、バックがもらえるなどがあったので本入しました。

私のキャバクラライフは、週3~6日出勤の基本オープンラスト働いたり、平日とか暇な日は本指名の接客が終わり次第帰宅したりしていました。

月30~40万円くらいの手取りだったかな。かなりドレスにお金をかけていたのですぐお金がなくなってばかりの月も多かったですね。

私が働いてた新宿のキャバクラは、女の子同士のドロドロが凄い激しいお店でした。気を抜いて口をつい滑らせると次の日にはもう周りに言いふらされて、自分の売上げに影響するなんてこともありましたよ。

一番印象に残っていることはお客さんにストーカーされたことでした。さすがにお店に相談して出禁にしてもらいましが毎日電話は鳴り、メールは返信しないと50件とかきて同伴とアフターの誘いも半端なかったのを覚えています。その人はキャバクラ遊びは全くしない人で、私がその気にさせてしまったからだと思うんですけど、当時は本当に病みそうでした。

もう今後はキャバクラでは働かないと思います。(笑)

実家にいて、仕事をしていなくて貯金もゼロのキャバクラ嬢!

私が働いているお店は上野です。勤務して1年程経ちます。キャバクラで働こうと思った理由はお金が単になかったからです。キャバクラを始める前は実家にいて、仕事をしていなくて貯金もゼロ。それでも実家から出て一人暮らしをしたかったから直ぐに稼ぎたくて思いついたのがキャバクラでした。キャバクラなら普通のバイトよりも稼げるし、お洒落しながら働けるし、何より急にお金が必要だった私にはもってこいの職業だと思いました。

上野のキャバクラは友達の紹介で入店しました。他のキャバクラも体験入店したけど、やっぱり友達が元々働いているお店の方が心強いのと待遇が良かったので今の上野のキャバクラに決めました。

ガッツリ稼ぎたいから週5日の本職にしています。勤務時間は21時から翌朝3時までで基本的には営業時間、全部いるようにしていますが、生理とか体調が悪い時は終電で帰ったりしてます。そういう面ではキャバクラって自由出勤なところに本当助かってますね。

キャバクラで働いてて気をつけていることは、自分の本名と個人情報は絶対にあかさないことです。お店では源氏名で働いてますが、本名とか教えちゃうと、席で本名で呼ばれたりしたら色んな意味で仕事にならないからです

接客は、そのお客さんに合わせた話し方や姿勢でフリーのお客さんには、指名の席より長く接客して場内指名をもらったりしてます。そうすると、自分のお客様になる確率は上がるし私の為に色々頼んでもらえバックもついてより稼げるからです。

キャバクラって自分をアピールしてなんぼの仕事だと思います!アピールが上手な人ほど稼げる職業じゃないかと思っています。

現在27歳。上野のキャバクラで25歳から1年半働いていました。

キャバで働こうと思ったきっかけは、先輩が元々働いていたキャバクラで人が少ないから手伝ってほしいと話をされたのが最初です。夜の仕事はスナックの経験もあったので抵抗は全くなく、ちょうどお金に困っていてバイトを探していたとこだったので即決で働こうと思いました!

キャバクラのお店を探すのって新規で行くより知り合いがいた方が心強いし行きやすいじゃないですか?!チキンな私には入店しやすかったですね。w

シフトは週2で基本オープンからラストで働いて、1か2時には上がりです。ドレスはお店にもありますが、他の女の子もたくさん着回しているようで色々な香水の匂いが付いていて嫌だったので、ネットで自分の好きなドレスを購入して着ていました。

1ヵ月くらい経ってようやくお店の雰囲気や常連さんの名前なども覚え慣れ、同伴もよくしました。

普段食べれない高級な食事をご馳走してもらったりプレゼントをもらったり、同伴はとても好きでした。その後は必ず一緒にお店に行くので、危険なことはありません。幸いほとんど私のお店のお客さんは紳士な方ばかりでした。

ですが1度だけ危ない事がありました。出張で東京にきている地方の方とアフターに行った際酔った勢いで、ホテルに連れてかれそうになったこともありました。そんな無茶してくるお客さんも中にはいます。

キャバクラで働いてみて、なんだかんだと危なかったりキツイなって事もありましたが、自分でルールを決め目標を持って働くとなかなかやりがいがある仕事じゃないかと思いました。

現在28歳で中野のキャバクラで年齢的に遅いキャバクラデビュー。

現在28歳で中野のキャバクラで年齢的に遅いキャバクラデビューしました。何か高収入の副業をしたくて探してて、学生の頃に宴会コンパニオンを少ししていたこともあったので、キャバクラで働こうと決心するきっかけになりました。

お店の女の子の中では年齢が上の方なので、若さには負けるかなって思っていましたが、そんなことはなく20代前半の子達と打ち解けて仲良くさせてもらっています。団体のお客さんが来店した時も女の子のドリンク交渉など協力するほど団結しているくらいです。

接客の方は、宴会コンパニオンの経験のお陰でお酒を作ったり基本的な事は直ぐに覚えましたが、会話が苦手でお客さんと共通の話題を見つけるのに苦労しています(笑)。なので、よく上位の女の子の接客をみたりして研究してます。

今のところ週1~2日の出勤ですが、月に15万円以上はもらっていて生活費の足しにとても助かっています。

もう30歳近い女がキャバクラで働くなんて無理なんじゃないか…って最初の方は少し思って働いてましたが、30歳くらいが好みのお客さんもいたりするので、自信がついて指名もそこそこもらえるようになりました。

これから先、いつまで働けるか分からないんですけど、稼げる時に稼いで長く引きずらずサクっと卒業したいですね。

池袋西口周辺のキャバクラに勤務、22歳のキャバクラ嬢の体験談!

池袋西口周辺のキャバクラに勤務してます。今は22歳で20歳から在籍しています。埼玉に住んでいて、近所のキャバクラだと知り合いに見つかってしまうので、池袋のキャバクラに決めました。

20歳で始めた当時はどこにも就職していなくてお金もなく、整形とか美容に興味をもっていたのと、1人暮らしがしたかったのもあってキャバクラのバイトを選びました。

私は今まで、キャバクラって薄暗く怪しくて逆に騙されそうという勝手なイメージをもっていましたが、全く異なり健全な職場だというイメージを持てました。ドレスは過激で露出なものもありますが、着用するのは任意ですしセクハラ等に関してはかなり徹底的に取り締まっているお店です。

お店には労働条件で週に3日以上、1日3時間以上というものがあります。新人の頃はそのくらい勤務してましたが、今はレギュラー勤務なので週6日のオープンラストです。

約2年キャバクラの仕事をして今でも気をつけなければいけないなって思う事があります。

お客様がご機嫌良く飲んでいられるように積極的にお酒を注いだり、話を弾ませたりと必死な毎日ですが、きちんと挨拶することは基本中の基本であること、常連のお客様の顔と名前は間違えることなく一致させることもとっても重要な業務だと思いました。

また、過激なことを要求されたりするので、そのときは上手くお客様の機嫌を損ねないように断ったりスルーしたりするスキルを身に付けることはこの業界で働くには必要な技術だと思いました。

あと、キャバクラの仕事に慣れ、楽しすぎてたまに遊び半分で接客してしまうことがあるので、お客様からお酒を飲ませてもらっていることも忘れないように接客していきます!!(笑)