お水の世界は怖いイメージ!しかし実際働いてみたら・・・

中野のキャバクラに勤務しています。友達に誘われこのお水の世界に入りました。体入に行くだけで1万円以上はもらえると言われたのもきっかけです。お水の世界はめちゃくちゃ抵抗があって怖いイメージをもっていました。しかし実際働いてみたら自分が思った以上に怖いお店じゃなくて、逆に働きやすかったんです。こんな楽しくて働きやすいならと思いその日から入店しました。

はじめ慣れるまでは金曜日だけの週1日だけでしたが、慣れてきたと同時に売上げも伸びてきたので週6日のレギュラー勤務になっていきました。今では仲が良い友達もできたし、ボーイさんや店長さんがまるで家族のようにお店全体が仲良しです。

お客さんも常連さんが多いんですけど、最近では学生の方も来店するようになってカラオケで一緒にワイワイしたりとまるで合コンみたいに自分も楽しんで接客している毎日です。

あとキャバクラの仕事をしていて、お客さんとの会話の話題作りのために、情報収集はかかせないと思いますね。会話が続かないと楽しませてあげれないですし。その情報収集のお陰で場内指名から本指名になったお客さんが増えました。

夜の仕事って華があってお金をたくさん稼げますが、本当は努力したりお金をかけたりしながら働いていくものなんだなぁって感じてます。