現在28歳で中野のキャバクラで年齢的に遅いキャバクラデビュー。

現在28歳で中野のキャバクラで年齢的に遅いキャバクラデビューしました。何か高収入の副業をしたくて探してて、学生の頃に宴会コンパニオンを少ししていたこともあったので、キャバクラで働こうと決心するきっかけになりました。

お店の女の子の中では年齢が上の方なので、若さには負けるかなって思っていましたが、そんなことはなく20代前半の子達と打ち解けて仲良くさせてもらっています。団体のお客さんが来店した時も女の子のドリンク交渉など協力するほど団結しているくらいです。

接客の方は、宴会コンパニオンの経験のお陰でお酒を作ったり基本的な事は直ぐに覚えましたが、会話が苦手でお客さんと共通の話題を見つけるのに苦労しています(笑)。なので、よく上位の女の子の接客をみたりして研究してます。

今のところ週1~2日の出勤ですが、月に15万円以上はもらっていて生活費の足しにとても助かっています。

もう30歳近い女がキャバクラで働くなんて無理なんじゃないか…って最初の方は少し思って働いてましたが、30歳くらいが好みのお客さんもいたりするので、自信がついて指名もそこそこもらえるようになりました。

これから先、いつまで働けるか分からないんですけど、稼げる時に稼いで長く引きずらずサクっと卒業したいですね。

池袋西口周辺のキャバクラに勤務、22歳のキャバクラ嬢の体験談!

池袋西口周辺のキャバクラに勤務してます。今は22歳で20歳から在籍しています。埼玉に住んでいて、近所のキャバクラだと知り合いに見つかってしまうので、池袋のキャバクラに決めました。

20歳で始めた当時はどこにも就職していなくてお金もなく、整形とか美容に興味をもっていたのと、1人暮らしがしたかったのもあってキャバクラのバイトを選びました。

私は今まで、キャバクラって薄暗く怪しくて逆に騙されそうという勝手なイメージをもっていましたが、全く異なり健全な職場だというイメージを持てました。ドレスは過激で露出なものもありますが、着用するのは任意ですしセクハラ等に関してはかなり徹底的に取り締まっているお店です。

お店には労働条件で週に3日以上、1日3時間以上というものがあります。新人の頃はそのくらい勤務してましたが、今はレギュラー勤務なので週6日のオープンラストです。

約2年キャバクラの仕事をして今でも気をつけなければいけないなって思う事があります。

お客様がご機嫌良く飲んでいられるように積極的にお酒を注いだり、話を弾ませたりと必死な毎日ですが、きちんと挨拶することは基本中の基本であること、常連のお客様の顔と名前は間違えることなく一致させることもとっても重要な業務だと思いました。

また、過激なことを要求されたりするので、そのときは上手くお客様の機嫌を損ねないように断ったりスルーしたりするスキルを身に付けることはこの業界で働くには必要な技術だと思いました。

あと、キャバクラの仕事に慣れ、楽しすぎてたまに遊び半分で接客してしまうことがあるので、お客様からお酒を飲ませてもらっていることも忘れないように接客していきます!!(笑)

池袋・キャバクラの女の子同士のあれこれ。

私は池袋のキャバクラに週2日のシフトでバイトしてます。前にスナックとコンパニオンの経験があったのでキャバクラに入店することは抵抗ありませんでした。池袋のキャバクラを選んだのは、友達が元々バイトをしていたので紹介してもらいました。

キャバクラの接客業ってどの接客業より難しいと思います。私が働いていて感じたことは、精神的に疲れます。相手のお客様を楽しませたり、愚痴や自慢話を聞いて話を合わせたりしないといけないし、素の自分以外にまた別の自分を作らないといけない。私は酒が基本飲めないので、素面で酔っぱらいのお客様を相手にするのは苦戦してしまう日もあります。良いお客様のいれば嫌なお客様もいますね。

それに女の子同士の揉め事も少なくないです。挨拶しかしたことない子と一緒に団体のお客様の席に着いて、仲良く話してくれたと思ったら、お客様が帰って直ぐ一言も話さないとかもありました。

お客様が女の子の指名を変えた時、ひがみや嫉妬が生まれ女の子同士の戦いがちょいちょいありますしこのキャバクラの仕事は女を武器にし指名をもらわないと給料も上がらない、良い子良い子だけじゃ長続きはしないと感じました。

今、週2日でキャバクラで働いてますが、プライベートで同じ店の女の子とは付き合わないようにして余計な話はしないように気をつけてます。キャバクラで女の子同士仲良くなって友達になる子も多いけど、私はキャバクラという女の戦う仕事で友達は作るものじゃないと思っています。仕事は仕事、プライベートはプライベートで分けないと面倒な事になりかねないそう私はキャバクラで働いて感じてきました!

今後もプライベートとキャバクラ、上手く付き合っていきたいです。

高円寺のキャバクラで働いていました。今では、とても良い経験をしたと思ってます。

高円寺のキャバクラで働いていました。平日の昼間は会社勤め、焼き肉屋さんで副業をしていましたが時給がいいキャバクラで働こうと思いました。

高円寺のお店を選んだ理由は、家から近いところにあったので帰宅が楽だと思ったからです。

時給は3000円スタートで売上げはポイント制のキャバクラでした。

初めてのキャバクラで不安でいっぱいでした。女の世界でイジメや波乱とか絶対にあると想像していました。しかしお店で働く子は掛け持ちの人が多くて、レギュラー勤務の子は少人数だったからなのか波乱やライバル視もありませんでした。一方で感じの悪い子は一人もいませんでした。

働いていたキャバクラは遅刻欠勤した場合、罰金というペナルティがありました。私は会社員をしているからなのか、遅刻欠勤で一度も罰金は払ったことはありませんでした。

働いてる間で、急に辞めてしまう女の子も数人いました。入れ替わりが激しい業界なのか3ヵ月在籍して、はじめから私が辞めるまで在籍していた女の子はたったの3人。

人見知りをしない私はお店に慣れてしまうとお客さんとの会話は苦ではなく楽しかったし面白かったです!しかし指名を取ることが出来ず悩んだこともありました。

お酒は大好きなのでアルコールを飲んでテンション上げてお客さんと盛り上がって会話して、楽しくお酒を飲んで居心地がよくてお給料をもらえるってバイトとして最高でした!!

本職の仕事で転勤になってしまい忙しくなったため辞めましたが、最後の出勤の分のお給料はきちんともらえました。とても良い経験をしたと思ってます。

収入が欲しさに新橋のキャバクラで働きました。

新橋のキャバクラに勤務して3ヵ月。普段は新宿でOLをしています。

キャバクラと掛け持ちして働くことになった理由は、より多くの収入が欲しかったからです。もともとvには興味もあったので、特に抵抗もありませんでした。

お店は勤務地から選びました。普段昼職で営業の仕事もすることもあってか、サラリーマンのお客さんの接客は得意なので、サラリーマンが多い駅周辺の店と決めていました。あとは時給とバックです。

この3ヵ月キャバクラの仕事をやってみて、色んな部分で自分に自信がついてきたかなぁと思います。1つは、お店で長年常連のフリーのお客様が話が楽しいと言って頂き、私を気に入ってくれて今でも指名してくれている事。まだ水商売はアマチュアなのに、もしかしてこの仕事に向いているのかも?!と思いましたね。2つ目は女性らしくなったことです。キャバクラを始める前は地味な男っぽい服とか着たり、アクセサリーなんてほとんど身につけていなかった女だったけど、お客様から可愛らしい靴やアクセサリーのプレゼントをもらうようになってから、嬉しい反動で身なりを気にするようになりました。

キャバクラって特に何かが特別ということはなくて、一般の仕事とほとんど変わらないと思いました。むしろバイトで働くなら、一般のスーパーやコンビニの仕事の方が神経を使うことが多いんじゃないかって感じました。

恵比寿のキャバクラは高時給でした!

専門学校に通いながら恵比寿のキャバクラに勤務しています。遊ぶお金が欲しいので働き始めました。

コンビニでバイトをしたこともあったけど、低資金で割に合わないと感じ続けられなくて辞めました。恵比寿のキャバクラはネットで検索してその中でも時給が良かったからです。

勤務時間はだいたいオープン20時から終電まで出勤しています。出勤日数は特に決めていなくて、自分が出勤したい日に出勤する感じです。時給は4000円で月に25万以上の売上げがあります。

生店内の接客では、お客さんにはどんな人でも楽しんで帰ってもらえるように心がけていますね。私が働いているキャバクラはとても客層が良くて、あまり変なお客さんに着くことは今のところありませんが、全体的に良いお客さんばかりなので私も話したり聞いたりするのは凄く楽しいです!でも、楽しいことばかりじゃない日もあります。店の女の子とお客さんの取り合いになったり、お客さんとアフターに行って朝まで飲んでたりする日とか辛いし、疲れちゃって次の日学校に行けなかったりする日もあります。

キャバ嬢になった自分を振り返ると、若いうちにしか働けない世界かなとも思いますし貴重な体験だとも思いました。色々な業界で働く人と出逢い、話を聞いて社会のことが分かったり知らなかった常識的なこととかも知りながら働けるのは自分の為にも貴重な時間かなとも感じました。

あんまり自分の周りにはキャバクラで働いているとは言っていませんが、ぜひ学生さんにはオススメしたいバイトだと言いたいですね!!

水道橋のキャバクラで週2~3日出勤し、普段昼間は堅い世界の仕事と掛け持ち!

水道橋のキャバクラで週2~3日出勤し、普段昼間は堅い世界の仕事と掛け持ちしています。今の水道橋のキャバクラが初めて夜の仕事になるんですが、キャバクラで働いてみて女として魅力的な人がたくさんいていい刺激になってます。

メイク術、髪型、ファッション、話し方、色気、男性の喜ばせ方とか、見習わなきゃいけないと思うことがありすぎて良い刺激になってますね。

私は今まで勉強ばかりで、自分の周りもモテない女子力低い人ばかりだったので、ハッ!と気付かされました。こういう要素も大切なんだって、磨かないとって。

お店によると思うけど、同伴で連れてってもらっためっちゃいいお店に行くと特に素敵だな~と思う人もたくさんいた。そういう意味では視野が広がったかな。

女は真面目で堅物なだけじゃ駄目なんだって気付かされました!

下北沢のキャバクラにレギュラー勤務、アットホームなお店に勤務!

現在、下北沢のキャバクラにレギュラー勤務しています。

キャバクラの仕事歴は5年です。今まで、都内5店舗のキャバクラで働いてきました。都内にはたくさんのキャバクラがありますが、やっぱり自分にあった街で働くのが一番だと思いました。今働いている下北沢のキャバクラはアットホームな雰囲気でノルマもなく、女の子同士のギスギスした感じも特になく至って平和なお店です。

私がキャバ嬢になって5年、毎日かかざずしていることがあります。それは「ニュースを見る」ことです。スマホでチェックしたり、TVを朝少しだけでも見たり、新聞をたまに買って読んだりしています。若いうちはいいけど、20代半ばに差し掛かってくると自治ネタなど芸能ネタ、全く知らないというのは恥ずかしいことです。お客さんからも「バカなキャバ嬢」とレッテルを貼られちゃいます笑。そうなると、良質なお客さんから指名を取れにくくなるので「知識」だけは毎日取り入れ増やしてくようにしてます。少しの情報や流行った物とか一通り目を通しておくと会話のネタに困らないし、幅広い年齢層を接客できると思いました。

キャバ嬢って見た目も大事ですけど、見た目だけじゃダメな世界でもあると思います。

思っていたより待遇良く入店できるようにボーイさんが計らってくれた!

新宿のキャバクラに勤務しています。新宿の街は言わずと知れた、夜の街ですね。容姿はもちろん接客のレベルも高いキャバ嬢が多いですよ。雑紙のモデルさんも多く在籍してて、見た目も華やかですが清楚系でもなくギャル系でもなく、しいて言うと姫系のキャバ嬢が多いです。時給は、はじめ3000円からでした。私は未経験で入店したんですけど、これくらい時給もらっていたと思います。

私が新宿でキャバ嬢になったきっかけは、友達に誘われ2人で体験入店からがはじまりでした。体験入店の前に面接をしました。お給料や出勤日数などお店の詳細事項の話をされます。この時、面接してくれたボーイさんはとても丁寧に教えてもらい雰囲気が良かったのを覚えています。

そしていざ接客へ。体験入店ではボーイさんも、話しにくそうなお客さんにはわざわざつけたりしないことが多いみたいで、常連の優しいお客さんに着かせてもらいました。よっぽど、この子はいらないとボーイさんに思われたら別だと思うけど…。

私は思っていたより待遇良く入店できるようにボーイさんが計らってもらえたので、入店を決めました。もちろん体験入店で自分なりに精一杯頑張りましたからね。

こんな感じで私のキャバ嬢ライフが始まったのでした。

学生しながら恵比寿のキャバクラで週3日バイトしています!

学生しながら恵比寿のキャバクラで週3日バイトしています。ほかにも昼間バイトしています。収入は20万円前後。夏休みは50万円くらい稼げる時もあります。でも今、ほとんど自分の時間はありません。学校に出勤時間以外の営業メールに営業電話、たまに同伴にアフターという毎日を送っています。

キャバクラの世界って騙して騙されたり、社会の裏側の酷さとかも知れたりと学校では教えてもらえないことがたくさんあって、興味もあるから勉強になっています。例えば、女の子が飲むお酒はアルコールがほとんど入ってないジュースなのに、お客さんはその一杯に2000円とか出します。でもアルコールはキャバクラの世界では切り離せないものなので、お酒はある程度飲めないと厳しいと思います。

私以外にも大学生しながらキャバクラで働いている人は店に多くいて、中には学校に全く行かずキャバクラにのめりこんでしまう女の子もいます。

何かの目標があってお金の為に働くのであれば、夜の仕事は手っ取り早い。人にもよるけどダラダラと続けてしまうのはどうなのかなって思います。

私は海外に留学したい夢があるので、目標金額まで貯まったら辞めますが、忙しいいけど楽しい仕事だと思うので辞めてもまたバイトしたいと思うかもしれません。